2010年02月03日

カレン・ロバート

復帰の磐田FW「せっかくなので絡みたい」(スポニチ)

カレン・ロバートが発熱から復帰したようです。
今年は体を作ってきたようなので、活躍が非常に楽しみです。

前田やイ・グノがいる激戦区ではありますが、スピードがあるカレンのようなタイプが活躍するチャンスは今シーズンもたくさんあるはずです。
体も出来て下半身が安定すれば、今まで以上にゴールエリアで怖い存在になり得るのではないでしょうか。

コメントからも並々ならぬ意気込みを感じます。
カレンの活躍に注目します。

2010年01月10日

名波浩引退試合


家族揃って、エコパで開催された「名波浩引退試合」に行ってきました。
バックスタンドややホーム寄りの15列目という非常に見やすい席でしたので、サッカーを十分に満喫することが出来ました。


ホーム側ゴール裏はサックスブルーで埋め尽くされていました。


スポーツ紙からは号外も発行されるなど、お祭り気分満載です。


W杯以来の観客数では?という43000人超の観客。
名波は本当に幸せな選手生活の終わり方ができて、幸せだなぁ・・と。

カズ、中田を筆頭に、そうそうたる面子が集まったうえ、ミスチルの桜井、99の矢部、土田、ワッキーらの芸人も参加して、ショーとしては十分見ごたえのある楽しい90分でした。

それにしても最後のロスタイムで、しっかりと魅せるあたりは生まれ持ったスター性のなせる業ですね。

テレビ放送を録画しましたので、後日じっくりと楽しみたいと思います。

2009年11月10日

No.9

報道によれば、ヤマハFCは中山雅史選手に対し戦力外通告およびアドバイザー等への就任を要請した模様です。
しかしながら、本人は現役続行を希望し要請を固辞。今後は移籍先を探すとのことです。

ここ数年の起用状況を考えれば、止むを得ない状況だったことは分かります。
しかし、それは一般的な選手の場合であり、「磐田の中山」の場合はどうなのでしょうか。

中山選手の残した功績、そして今も尚衰えぬ存在感と人気。
もちろん、功績に対して年俸を払う事は、全くナンセンスであることは承知していますし、クラブ運営という観点に立てば理解できないわけではありません。

しかしながら、やはり最後までサックスブルーを身にまとい、磐田の中山として現役を終えて欲しかった・・・というのが私の正直な気持ちです。

Jリーグ発足時、魅力あるオファーを断りJFLからJの世界へ磐田を導き、そして磐田を全国区のクラブに育ててくれた・・・そんな彼に対してクラブは戦力外通告以外の方法は無かったのか・・・と思うと非常に残念です。

懐古主義だと他人から後ろ指を差されようが構いません。

それでもGONは磐田のGONだろ?

2007年06月22日

菊地、起訴猶予処分

ジュビロ菊地選手、起訴猶予=「深く反省」-静岡地検支部(Yahoo!)

例え起訴猶予処分となったとしても、悪いことは悪い。

個人としてもクラブとしてもけじめはつけるべき。

うやむやにするような事だけは無いことを願う。

起訴猶予処分とは ・・・(Wikipedia)

起訴猶予処分(きそゆうよしょぶん)とは被疑事実が明白な場合において、被疑者の性格、年齢及び境遇、犯罪の軽重及び情状並びに犯罪後の情況により訴追を必要としないときに検察官が行う不起訴処分である(刑事訴訟法248条、事件事務規程(法務省訓令)72条2項20号)。

2007年06月20日

謝罪文

サポーターズクラブ会員宛に、クラブから紋切り型の謝罪文が送られてきました。

ジュニアサポーターの

小1の息子にも・・・

2歳の娘にも同じものが・・・・

もう少し考えたらどうですか?

全く誠意が感じられませんね。


2007年06月15日

今できること。

gotogether.gif

僕らが付いている。
俺達の磐田。

2007年06月13日

菊地逮捕

少女に淫行 磐田・菊地を逮捕(スポニチ)
<淫行容疑>ジュビロ磐田の菊地直哉選手を逮捕(Yahoo!)

あまりにもの愚行に言葉も出ない・・・・。
本当にガッカリ。
裏切られた気持ちでいっぱいだ。


本人の問題は当然だが、クラブの若手選手に対する管理・教育方法に問題は無かったのか、今一度見直して襟を正して欲しいものだ。


クラブの公式発表がありましたので、下記にリンクします。
菊地直哉選手不祥事に関してのお詫び(JOHP)
菊地直哉選手に関する記者会見でのコメントについて(JOHP)

2007年04月16日

太田が日本代表候補初選出!

日本代表候補選出!

日本代表候補選出!


川口能活・太田吉彰選手 日本代表候補メンバーに選出(JOHP)

2007年03月08日

前田 長期離脱か?

前田遼一選手は、右膝半月板損傷の疑いで別メニューにて調整しておりましたが、3月9日(金)に、都内の病院で内視鏡検査を実施することとなりましたのでお知らせ致します。
なお、検査後復帰までの期間等の詳細につきましては、検査結果を確認の上ご報告させていただきます。

公式発表より。
2007年2月6日 痛みがあるので・・・
2007年2月6日 キャンプに合流・・・

報道によれば、

昨年9月に痛めた同じ所で、MRI(磁気共鳴診断装置)検査で半月板の損傷も疑われるような結果もみられたが、再検査で損傷が手術をしなくても良い程度と判断された。ひざの状態を見ながらのリハビリを続けてきて、状態も上向きつつあったが、今度はひざの裏側に痛みが出たことで、内視鏡を入れて調べることになった。

とのこと。

僕は医師ではないので、詳しいことは分からないけれど、
もう少し早めの判断は出来なかったのだろうか?

彼の将来に悔いの残らない形で、徹底的に治療することを希望する。

2007年01月23日

福西 FC東京へ完全移籍

福西崇史選手 FC東京へ完全移籍(JOHP)

ジュビロ磐田史上に残る大失策でしょう。

これは、1選手の問題ではありません。

フロントは何を考えて、今回の契約更改を進めたのでしょうか?
何処を向いて経営をしているのでしょうか?
結局は、親会社の顔色を伺いながら、コスト削減が優先されたのでしょうか?

ハッキリと分かる事がひとつあります。

それは、彼らの視線の先にサポーターは居なかった。

心から残念でなりません。


2007年01月20日

社長、これは何かの冗談ですか?

年俸大幅減…福西 FC東京移籍へ(スポニチ)

交渉難の噂は聞いていたが、正直、このニュースを見て驚いた。

希望額との間に開きがある・・・そんな話で済む話ではない。

彼の活躍、実績、そしてサポーターからの人気、どれを取ったって年俸の大幅増こそあれ、減額提示があるなんて考えてもいなかった。

もしも自分だったら・・・正直なところ現状維持だって納得できない。
まして減額提示なんて・・・・。

プロサッカー選手としての選手生命を考えれば、今最高年俸を提示してもらえないで一体いつ提示してもらえるのだろうか?

1億出したって不思議じゃないぞ?

ましてや、彼は「生え抜き」であり「DUNGAの愛弟子」。
彼の成長を見届けてきたサポーターは誰しも福西が最高年俸をもらったって何の異論は無いはずだ。

「生え抜き」を大事にする姿勢は、若手選手のモチベーション向上に繋がる。
「いつかは俺も・・・」って感じだ。

本当に何かの間違いであって欲しい。

でも、コレが真実であれば残念ながら、「辞めないで」などと無責任な事は言えない。

ここ1、2年で俊哉が去り、名波、服部が去った。

彼らの年俸だって随分なものだったのに・・・・
それでもまだ大型補強のツケなんかを選手に払わせるのか?

ふざけるな!

そんな計画性の無い経営陣にこそ問題があるはずだ。

大型補強失敗→経営難→主力選手放出→????

この先に何が見えるのか?
子供でも分かるはずだ。

経営陣が無能で無いことを祈る。

2006年12月28日

服部が移籍

服部がジュビロ磐田との契約を更改しないことが明らかになった。

まだ正式発表こそされていないが、東京Vへの移籍が濃厚のようだ。
東京Vには名波の移籍も噂されており、どうやら両名ともラモス監督からの強烈な「東京Vに往年のジュビロのような中盤を」というようなラブコールがあったようだ。

当然の如くJ1昇格への即戦力としても期待しているわけだが、それ以上に「若手への手本」という長期ビジョン的な意味合いの方が強いのだと思う。

ジュビロ磐田には、このように他クラブにはなかなか存在しない「若手への手本」となる選手が沢山いる。(いた)

藤田、名波に続き今度は服部。

クラブとして、これで本当に良いのだろうか?
かつては

・ジェラ →藤田・名波
・ドゥンガ→福西・服部
・アジ  →田中・秀人

といった感じの技術とスピリッツの継承が、サポーターの目からもハッキリと分かるような若手の成長が伺えたものだが・・・彼らのあとを継ぐ者は現れてきているのだろうか?
こういうものは、もう少し時間が経ってみないと分からないのかも知れないけれど・・・   

サポーターとしては、長年ジュビロのために尽くしてきてくれた選手が居なくなることは非常に寂しい気持ちでいっぱいだ。

その一方で僕個人としては、30代という同世代という視点から見ると、彼らの再チャレンジという決断は本当に良く理解できるし、彼らが出した結論を心から応援したいと思う。

2006年12月25日

人事往来

気になる選手の動向などを、公式発表から憶測まで、メディアに露出した情報をまとめていきたいと思っています。

とりあえず、確定情報は太字とします。


■新規追加情報 2006.12.28

マルキーニョス パラナ MF、DF
フィゲレンセより移籍加入。 (JOHP公式発表)
・契約期間:2007年2月1日~2007年12月31日

名波浩 MF(C大阪へレンタル中)
東京Vへの移籍濃厚との報道あり。

服部年宏 DF
契約更改せず。 (JOHP公式発表)
・東京Vへの完全移籍が濃厚。

犬塚友輔 MF
・960万円(推定 480万UP)で合意との報道あり。

石井智幸 コーチ
・新潟のコーチ就任との報道あり。

森下申一 GKコーチ
・京都のGKコーチ就任との報道あり。


■新規獲得

ジャーン DF(FC東京)
・戦力外通告を受けたため、獲得を検討していると報じられている。

山﨑亮平 FW(八千代高校)
・入団内定の発表あり。


■移籍(レンタルを含む)

茶野隆行 DF
・FC東京が獲得に動き出すとの報道あり。

河村崇大 MF(C大阪へレンタル中)
・川崎Fが獲得に動き出すとの報道あり。
・磐田へ復帰。C大阪公式発表

加賀健一 DF(札幌へレンタル中)
・磐田へ復帰の報道あり。

高原寿康 GK(札幌へレンタル中)
来期は契約せず。札幌へ完全移籍と報じられている。

金珍圭 DF
・トリノが獲得に動いていると報じられている。

中村豪 MF
・愛媛に完全移籍すると報じられている。(静岡新聞:要登録)

藤井貴 FW
・愛媛にレンタル移籍すると報じられている。(静岡新聞:要登録)


■契約終了(退団)

山本浩正 GK ・・・契約満了

岡本達也 FW ・・・契約満了。大学進学し、再起を志すとの報道あり 。頑張ってください!



■契約更改

アジウソン監督
留任。2007年12月末まで。

イヴァイル ヘッドコーチ 
留任。2007年12月末まで。

オスカー GKコーチ 
留任。2007年12月末まで。

ゼ マリオ フィジカルコーチ 
留任。2007年12月末まで。


中山雅史 FW
・1年契約、年俸7000万円(推定)で契約延長を打診。残留濃厚。


■その他

・アジウソン監督がフロントにDF補強を要請したとの報道あり。

2006年09月08日

サインサービス?

「大久保グラウンドサインサービスデー」(JOHP)

近頃、大久保グラウンドの練習見学に行っていなかったので全く様子が分かりませんが、こんなことがニュースになるくらいファンサービスは低下していたのでしょうか?
僕が、グラウンドにたまに顔を出せた頃は個人差こそあれ、殆どの選手が練習後残ってサインをしてくれていました。

練習で疲れているところ、最後の最後までサインをしてくれる中山選手の姿をみてはファンサービスを大事にするプロ意識というものに強く心を打たれたことを記憶しています。

ファン、サポーターあってのプロスポーツ。
この程度のことが記事にならず、日常になることを願いたいものです。